POCKET BL

- 無料で読めるオリジナルBL小説 -

忘れられし花
ID 3346
  • 中編
  • 恋愛・純愛
コンテスト
三人称視点 登場なし
十河冬青 113ページ 完結

26

8

PV7042

更新日 2017-08-31 15:24

糖度

大人向け度

概要

奏が仕えたのは、ひっそりと咲く、忘れ去られた花のような主――。

タグ

シリアス 主従 ストーリー重視 耽美 盲目 病弱 和風

作品説明

 谷山奏は男娼として春をひさいでいたところを、松永という男に身請けされる。

 奏が連れて行かれたのは鷹取家という名門の屋敷。松永は鷹取家の使用人で、奏は松永と共にとある男性に仕えることとなった。

 主である男性に目通りを許された奏は、気高くたおやかな花のような佇まいの主に一瞬で魅入られた。

 奏の主は優しく儚げな外見に重い宿命を背負い、生きていた。奏はそんな主を支え、共に生きたいと願うようになっていったのだった。

※明治時代をモデルとした架空の物語であり、戸籍制度など、実際の明治時代とは異なります。

作品公開日 2017-09-01

ランキング

総合
209位 (過去最高 43位)
昨日
102位

この作者の他の作品

この小説のURLを

~ アイコンの説明 ~

女性登場の有無
小説の視点
ピックアップ回数
しおりの数
拍手の数

メインメニュー

トップへ