POCKET BL

- 無料で読めるオリジナルBL小説 -

声無き世界
ID 4235
  • 中編
  • SF・ファンタジー
受け視点 登場なし
鳴神楓 71ページ 完結

119

24

PV19175

1

更新日 2018-12-20 22:14

糖度

大人向け度

概要

声恐怖症の俺が異世界の森で出会ったのは熊のような大男だった。

タグ

ファンタジー シリアス

作品説明

和生(かずお)がアパートの外に出ると、そこは異世界の森の中だった。
森の中で出会った、話せない大男に助けてもらい、テディと名付けた彼と森の中の一軒家で一緒に暮らすようになる。
和生が森での暮らしに慣れてきた頃、高熱を出して寝込んでしまう。丸一日経っても熱の下がらない和生に、テディはいきなり土下座した後、キスしてきて……。

◆谷村和生……異世界転移してきたフリーター。19才。受け。高3の時のトラブルから、人の声に対する恐怖症になっている。
◆テディ……和生が迷い込んだ異世界の森で会った男
。20代後半。攻め。ボサボサの茶色い髪に髭もじゃの熊のような大男。性格はおだやかで優しい。話すことはできないが、和生が話す言葉は理解している。
◆不定期更新。重複投稿。☆★は性描写あり。

作品公開日 2018-09-08

ランキング

総合
258位 (過去最高 37位)
昨日
480位

レビュー

この作品にはまだレビューは書かれていません

この小説のURLを

~ アイコンの説明 ~

女性登場の有無
小説の視点
ピックアップ回数
しおりの数
拍手の数

メインメニュー

トップへ