POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

りえる の日記

親友の・・・
すみません。いきなりテンション低い話から入りますので、不快になりそうでしたら、ブラウザバックしてくださいませ。


------------------------------------------------------------------キリトリ-------


7月の中旬に親友の旦那さまが亡くなりました。闘病中だったのですが、数値が安定していたので私はてっきり全快するものだと信じて疑わなかったのです。

でも、あまりにもあっけなく永眠されました。亡くなって初七日後に知らされました。家族だけでひっそりと送ってあげたいから・・・と。

親友はとても聡明で取り乱すようなことは致しません。家に弔問に行ったときも「ほかの人はお断りしてるけど、りえるさんだけは・・・」と受け入れてくれました。

でも…人の命ってあまりにもはかなく、私は彼女にどんな言葉をかけてよいやらわかりません。
小説では血を流すような戦争場面だって平気で書けたりするのだろうけど、現実はつらいです。

一生懸命に生きること。
優しく生きること。

出来ないことだらけだけど、今はこれらを噛み締めています。


2017-08-06 22:23:47

日記へのコメント

  • >秋月さま

    コメント有難うございました。ご無沙汰していて申し訳ございません。
    友人は、とりあえず介護の必要な母親も抱えていて(親友、といっても私よりも10以上年上ですが)いろいろ大変そうです。
    クリニックを経営してるのでそのレセプトに追われながらも片付けが大変そうです。
    それでも忙しくしている方が気が紛れるとのことでした。
    身内を亡くすということがまだなかなか想像出来ませんが、つらいですよね。
    りえる 2017-08-09 14:51:24
  • コメント失礼致します。秋月です。

    あまりの事に言葉が見付かりません。
    (見つからないなら書くなと言われそうですが……)
    色々と並べ立てると余計に空々しく思えてしまって……。

    お悔やみ申し上げます。
    お気落ちの過ぎません様に……。
    秋月 楓 2017-08-07 18:05:17

メインメニュー

トップへ