POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

りえる の日記

少し解決しました
おひさしぶりです。ご無沙汰しております。
仕事が忙しかったせいもありますが、それ以前に日記でも少し触れていた件がようやくスタートラインに立った感じになってまいりました。

義母のアルツハイマー型認知症が悪化し、夜中に何度も警察からの保護の知らせを受け、ほぼ毎日夜中の2時3時には車をとばして義母を迎えに行き、警察に頭を下げて帰ってくるという日常がしばらく続いておりました。とうとう下着姿で家を抜け出して保護された時には、
「もう限界かもしれない」と主人とその妹と私とで疲弊もボーダーを越えまして、とりあえずショートステイで施設に預かってもらい、本人の拒否反応がなければそのまま施設で清潔に、快適に暮らしてもらう方向に考えることになりました。ただ、一緒に暮らしていた義父がありえないくらいの頑固者なので、彼も認知症になってしまうと怖いなぁ…とは思います。

おかげで創作活動はおろか、実生活でもまともに過ごせてなかったせいで今は家の片付けからやり直しです。(^^; 正直、線路にダイブする人たちの気持ちなんて今まで理解できっこないとおもっていましたが、義母を車に乗せて警察署からの帰り道に「あー、線路に飛び込むのも楽かもしれないね」なんて不本意にも思う瞬間があり、怖いと感じました。(とりあえず今はそんなストレスからも少し抜けました)

他人事に思っていた介護ですが、これからはもっと増える傾向だと聞いてます。自分の暮らしも大切ですが、少しでも余裕があるなら、その資金を備えとしてもっておくのも大事だな、と痛感しました。ちなみに義母は60代です。認知症だなんて思いもよらないことでした。

そんなわけでこれからは少し創作できる時間も増えるといいな、と思いますが・・・。
よろしければまたお付き合い頂けると幸いです。

2017-09-06 09:46:59

日記へのコメント

  • >秋月さま

    コメント有難うございます。ご無沙汰しておりました。
    お見苦しい日記に温かい激励を有難うございます。
    自分には今までほとんど関係ないことだと思ってきましたが、後期高齢者が街中にあふれているのを見ると、自分にもそういった問題がふりかかってきたのは仕方がないことなんだろうな、と今は納得しています。
    秋月さんの励まし、大変胸に沁みました。ありがとうございました。
    りえる 2017-09-08 22:03:40
  • コメント失礼します。
    秋月です。

    大変でしたね。
    決断、頑張られましたね。
    大好きな お義母様だと思いますが、少しずつステイに慣れて下さると良いですね。

    確かに、お義父様も心配ですね。
    男性は往々にして奥さんが不在になると不調になったりしますよね(^^;)。
    受け入れて下さると良いのですが…。

    少し進展した事で りえるさんにも きっと心の余裕が少し出て来ますね。

    くれぐれも無理なさらないで下さいね。


    うぅ……『ね』結びばっかりで読み辛くて すみません……。


    それでは、また。
    秋月 楓 2017-09-07 08:23:53

メインメニュー

トップへ