POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

水無月 の作者ニュース

【狐の嫁入り】ピックアップ御礼申し上げます

おはようございます、水無月です。

今日、水無月の家の近所は雨です。雨が降ると急に気温が下がって寒いですね。先週、土曜日はやっぱり雨でしたが、金曜日の朝には霧が出ていました。早朝、窓を開けてビックリ。思わず写真を撮ってしまいましたよ。家の前を小・中学生達が登校で通過する頃には、すっかり消えて晴れ渡ってしまい、少し残念。暖かい地面が夜の冷え込みで放射冷却を起こして霧を発生させる放射霧ってヤツだと思うのですが、霧を見ると、本日ピックアップして頂いた【狐の嫁入り】を思い出してしまいます。【狐の嫁り】の中では、『不穏なチャット履歴を残して消息を絶った一松を探しに来た兄弟達が、霧に巻かれて行く』という描写があるんですよね。霧に巻かれながらもバカな会話をしている速度松の様子が、個人的には好きです。

【狐の嫁入り】は、チャット風小説として【弟に告ぐ】の次に書きました。【誕生日・チャット版】もそうでしたが、チャット風小説って、「普通の小説形態もいいけど、たまには違った形で書きたい。じゃあ、次はチャット風小説にしよう!」って感じの軽いノリで始めていたりします。プロット決めて、アイコン決めて…と、書き始める前段階で、既に楽しい。そして、ポンポンと会話だけで進む展開もまた、楽しい。ただ、書き進めれば進むほど、段々と会話の背景やキャラ達の様子を書きたくなってしまうジレンマに陥ってしまうのですよね。そのジレンマ解消にって訳じゃないですが、【誕生日】はチャット版と小説版の二つを同時進行で書いて見たんです。ジレンマは解消したかというと、微妙。小説版では、何処までチャット風小説と同じ会話を書いて良いものかと、チャット版では、どうしても外せない説明概要が多く入ってしまったと、新たな問題に頭を悩ませる事となったのでした。

その【誕生日・チャット版】は既に(先月末に)完結しております。小説版の方は、現在オマケの十四松編を展開中。小説版も来週中には完結予定。その後は、暫く【怪談話】のみの更新となるのかな。途中で、新作が纏まりましたら、【怪談話】の連載の様子を確認しながら投下したいと考えております。


本日は、【狐の嫁入り】に6度目のピックアップをありがとうございました。

2020-10-17

8

関連小説

完結
突然姿を消した一松を探して、兄弟は奔走する

メインメニュー

トップへ