団栗 [十四松✕トド松]

第5章 実を落すな

  • テキストサイズ
その日の夜、といっても午前3時くらいだったけど。

トイレに行って、部屋に戻ろうとしていた。

すると、部屋から何か変な音が聞こえた。

怖かったから、襖をほんの少し開けて、覗き見た。

中には黒い人影がいた。

血なまぐさい匂いもした。

暗くてよく見えなかったけど、あの体格からしたら間違いない。














カラ松だ。
/ 65ページ

この小説のURLを

メインメニュー

トップへ