カラ松と一松の夢物語 番外編 【ゲルゲの館編・改変版】

第5章 あとがき

  • テキストサイズ
カラ松と一松の夢物語 番外編を最後までお読みいただきありがとうございました。


獄卒のカラ松と一松を入れたストーリーは皆様のご想像にお任せし、今作はお終いとさせていただきます。


こちらは番外編ですので、本編【カラ松と一松の夢】の方も読んで頂けると嬉しいです。



では、ここより先、あとがきとなります。

/ 29ページ

この小説のURLを

メインメニュー

トップへ