POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

水無月 の日記

解説と言う名の言い訳
作者ニュースも書いて来た水無月です。

【家族計画】を書き進めるにあたり、色々と地雷を踏み抜いている感がひしひしと感じられて毎日冷や汗をかいております。執筆当初から、「どうしてこうなった」と自問自答してはいるのですが、段々と状態がリアルに近く読んでいる方の中には気分を害する方もいらっしゃると思われます。すみません。
単にパーカー松と次男のエロイお話が書きたかっただけなのですが、本当にどうしてこうなった。どうしても、明るいエロを書けないのが私の難点だと近頃しみじみと思います。

反省ついでに、ここまでのお話のキャラ達の行動の解説と言うか、言い訳をさせてください。作品の後書きに書こうかとも思ったのですが、思いついたが吉日と言いますし、日記に書き残しておこうと思いました。
ほんの少しのネタバレがありますので、本日分までを未読の方は、スルーして頂いても構いません。


次男への薬塗布継続に難色を示すお手紙を頂きましたので、その解説を中心に書きます。

「何故カラ松は、『結果が出るまで3週間』待つことに同意したのか。」
カラ松が兄弟に対して強く発言出来ない事がまず背景にはありますが、本人自身も、男である自分や弟が妊娠すると言う現実がよく分かっていません。確かに外見は『ふたなり』になりましたが、それによって妊娠出来るのかは懐疑的でした。そのため、避妊する(まあ、気づいた時点からやっても遅かったですが。)という選択肢は思い浮かばず、早期に薬の塗布を止めるとも強く言えませんでした。また、トド松から止めたい時にはすぐ辞められると言われていたのも、一因となっています。


「何故扶養合格組はカラ松が難色を示しているのに『3週間待つこと』を頼んだのか」
一松は勿論、この計画の発案者であるため、兄の妊娠を望んでいたから。そして、カラ松も妊娠を喜んでくれると妄信しています。

トド松は、パーカー松の愚行を知り相棒の次男の為に怒ってくれてはいたのですが、本当の意味での妊娠については理解が及んでいません。まあ、いかにも男性的な考え方であると言ってしまえはそれまでなのですが、妊娠を現象と捉えている節があり、堕胎する行為についてもそれほど罪悪感を感じてはいませんでした。体に負荷が掛からないで堕胎できると聞いて安心してしまい、堕胎する事で次男がどのような感情を持ちうるかなどは思いが及んでいません。

おそ松は、カラ松が妊娠していた場合、堕胎にショックを受けるであろうことを承知の上で黙っていました。これは、ネカフェで一松と口論した描写でも書きましたが、おそ松はカラ松との間に子供を授かる事に対しては前向きだったからです。カラ松は妊娠していることが分かれば絶対に堕胎しないだろうと踏んでの黙秘でした。
少しネタバレしますと、おそ松は、カラ松を一松と共有するのは譲歩しましたが、自分の方がカラ松に頼られている(好かれている)と自負している所があります。


「吐くほどショックを受けているカラ松に薬を塗った理由」
これも上記とほぼ同じですが、一松、おそ松は妊娠継続を望んでいるから。トド松が暴れて断固拒否をする事も考えられましたが、その場合を想定したおそ松が先に釘を打ちました。「妊娠を知る前だったらいざ知らず、妊娠を知ってから母体である本人の同意無くして堕胎(薬を塗らない)をした場合、次男が子喪失のショックを受ける可能性があるが、お前はその責任を一人で負えるのか」と脅したわけです。カラ松の相棒ではありますが、トド松もドライモンスターなどと呼ばれるクズニートの一人であるため、責任を負う立場に立つことを無意識に避けたものと考えております。


「二人の妊娠を聞いた際の家族の反応について」
本日の投稿分で、両親はパーカー松の愚行を叱責しましたが、母の態度により容認の方向へと傾きました。これは、アニメ本体で息子たちに「一番性欲が強いのは誰?」などと聞く孫が欲しい母だからと考えております。末弟の懇願に寂しそうに答えた姿に「ショックを受けている次男の事を考えていない」とお叱りになる方もおられるかもしれませんが、あくまでも、両親と若葉松は、言葉として状況を聞いただけですので、カラ松がどのような気持ちでこの3週間を過ごしていたのかまでは考えが及んでいません。確かにカラ松がショックで吐いて寝込んでしまった姿は目にしては居ましたが、夕飯時はそんな深刻な事態になっているとは思っていなく、一松の告白時は、孫誕生に浮かれてしまった為に、次男の苦境にまでは頭が回りませんでした。

なので、母の一言がなければ、近親相姦や強姦による罪と罰&妊娠への諸々の懸念で家族より堕胎勧告などもあり得たかもしれません(一松は家出をしても産んだと思いますが)。

文字数が足りなくなったので、コメの一番最初にもう少し書きます。

2021-09-02 15:03:22

日記へのコメント

  • 我が妹 秋月楓へ

    コメントありがとう!
    そして、いつも読んでくれて嬉しいです。
    裏付けのある内容と高い文章力と表現していただき、嬉しいです。リアルに近いからこその地雷、そうなんですよね。日数の変更もリアルに近づけるためだったんですが…そのままにしてちょっとぼやけた表現のが良かったかなと今頃になって後悔してたりして。
    一松とカラ松とおそ松の行く末は…これ以上はネタバレなので、この先のお楽しみと言う事で。

    水無月 2021-09-02 20:58:56
  • 【家族計画】毎日 更新ありがとうございます。明るいエロが書けないと書かれていましたが私などはエロ自体があまり得意ではないし重厚な内容も書けないのでいつも凄いなぁと尊敬の念を持って読ませて貰っています。水無月お姉様の裏付けのあるしっかりした内容と高い文章力でとてもリアルなストーリーになっていると思います。逆にリアルだからこそ地雷になる内容でもある訳ですが…。一松とカラ松は子供を産むのか?その後の家族の対応はどうなのか?気になる事が山盛りです。ラストはハッピーエンドとの事なのでどうなるのかドキドキお待ちしています。おそ松と一松がペットショップで仔犬を衝動買いしてネグレクトする輩でない事を祈りつつ…
    秋月 楓 2021-09-02 15:49:10
  • といっても、もうそんなに書くことは無いのですが。


    この先も浮き沈みや紆余曲折など、色々と予定していますが、最終的には次男も幸せになれる方向にもっていく予定ですので、温かく見守っていただけると有難いです。


    長くなりましたが、自己満足という名の解説でした。

    水無月 2021-09-02 15:05:36

メインメニュー

トップへ