POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

水無月 の日記

【ポセイドン】後書きのようなもの②
【ポセイドン】の裏話や設定などの続きです。

松ノアール
ノアール小説のような最後を迎えたのは、松ノアールでした。(そのまんまですね)
松ノアール、公式自身がバットエンドだから、【ポセイドン】でもバットエンドなのは仕方がない。

イタリアンマフィア・極道・チャイナ松・バンド松・社畜
松ノアールを観察中にゼウスとアポロンが話していたイタリアンマフィアは、一松が白スーツを着ているヤツです。もっともこれは、本来はマフィアじゃなくて、ホワイトディの白スーツの立ち絵から派生したものらしいですが。
ゴクドウは、勿論極道松。へそウォの極狼も好きですが、ここは着物の極道松で! 
チャイナ服を着て中華料理屋で働く派生松は、チャイナ松です。そして、チャイナ松と仲の良かったマフィアは、モブスター(大富豪(暗黒街の怪物))か、ボスが赤シャツ黒スーツのおそ松のところか、パズ松のゴットブラザー(カラ松がホワイトボスでおそ松が黒の首領)だったらいいなとかこっそり想定。
刺されたロックバンドはバンド松。
仕事に疲れて電車や車に飛び込んじゃったのは社畜のリーマン。
全部分かった人は凄い!ww

おそ松くん
フグ毒死亡はおそ松くんの伝説の最終回ww

パン工場
アニメのパン工場を見学する幼稚園児の松達がモデルですが、アニメでは一松が工場長で犯人でした。流石に一松を犯人にするわけにはいかないので、【ポセイドン】内の工場長はモブとなります。

白ラン・書生・大正ロマン松
白ランおそ松の弟は、バスケカラ松。おそ松自身も若いレスおそを想定。まあ、この時代、レスキュー隊もバスケも無いけれど。白ラン(書生)チョロ松の妹は、ダヨ子ちゃん。白ラン十四松の姉さんは、大正ロマン松のメイド服を着ている十四松を想定してました。学校での役職は想像から。

当初、書生カラ松達を襲った不良の全滅は考えていなかったのですが、妹(秋月楓)から貰った感想メールに『時代的に(白ラン達は)大震災で死亡?』の一文からインスピレーションが湧き、急遽場面を追加しました。
そもそも、ポセイドンが天候を操れる神であるため派生松達が天災で死亡するエンドは回避(人魚松は例外)していたのですが、敵が天災で全滅するにはありだなと。

ミュージカル松・ゾンビ松
公式の設定で、6つ子達が同級生からかなり酷い扱いを受けているのが分かるのですが、常時歌っているせいか、彼らから悲壮感があまり感じられないのですよね。【ゾンビパニック】ではありませんが、何故か彼らにはゾンビ姿が想定されてしまいこんな結果に。ゾンビ姿は、建築松はへそウォ、残りの円周松は想像。

ニート兄弟
まあ、言わずと知れた松野家6つ子。死亡エピソードの数々はアニメより。

時系列も一応考えてはいました。(原案なので【ポセイドン】内と順番が違うものがあります)
ローマ時代(紀元前9世紀)

神父(紀元元年~4年)

魔法松(ドラゴン研究家)

冒険者(マツノクエスト)

スチパン松

カジノ(17世紀)

海賊(18世紀)

人魚(18世紀)

白ランもしくは書生(19世紀)

マフィア(19世紀)

チャイナ(17世紀)

ロックバンド(現代・20世紀) 

リーマン(現代・20世紀)

ミュージカル(現代・20世紀)

幼稚園児(現代・20世紀)

おそ松くん時代

松野家ニート6つ子誕生

しかし、カラ松事変で死亡

ハデスの計らいで復活
ギャグの世界で死んでも生き返るを繰り返し、ポセも安心

CPについて
風味程度ですが、ポセイドンカラ松←アポロンチョロ松。少しだけ意識して書いています。
アレス十四松とアフロディーテトド松が不倫関係なのは、ギリシャ神話から。
【ハデス一松】から、ハデス一松×カラセポネ。
男女CPですが、書生カラ松と女学生一松。アポロンが嫉妬していますが、これはカラ松に相手がいる、ましてやそれが女の子だと言う所にのみ食いついていて、一松にそっくりであるなどの要素はすっぽりと抜け落ちていると考えています。


本文に書き留められなかった裏設定はこんなもんかな。

あ、そうそう、オマケ編の後に、アイコンに使った画像も上げておきました。トレスも使っている拙いイラストですが、頑張って書いたので。折角チャット風小説では画像を載せる機能があるのですから使わないと! (そんな事に使う機能ではありませんが。)


【ポセイドン】本編もオマケ編もこの後書きも、こんなに長くなる予定ではなかったのですが、想定していた話すべてを出せて良かったです。
日記と言う形ですが、あとがきも書けて満足しました。

長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。

2022-05-06 03:47:48

日記へのコメント

  • 我が妹 秋月楓へ

    コメント返しが遅くなりましたが、コメント第2弾もありがとう。

    オマケ編は、本編が長くなったため書くのを諦めていた派生達の話でした。秋月から、「読んでみたかった」と言って貰った事を後押しに書き上げた物なので、喜んでもらえて良かったです。また、白ラン一松回の震災エピソードのアイデアもありがとうございました。

    また、各兄弟の描写が楽しかったと言って貰えて、書いて良かったと思っています。

    時代設定はただの自己満足ですが、こうやって並べておくと、次に書く派生が自分でも分かり易くて楽だったんですよね。

    いつも頼りにし、また、感謝しています。
    水無月 2022-05-12 17:32:08
  • こんにちは。
    再び秋月ですw


    本編後も、カットしてたエピソードの継続、ありがとうございました。


    白ラン一松の回の敵全滅エピソードに私の言った事を取り込んでくれてありがとうございます。
    かなり嬉しかったです。
    この回は、各兄弟の描写が楽しかったです。
    カラ松とトド松は一人っ子でしたが。



    時代設定まで細かく決まっていて流石だと思いました。



    予定より長くなったそうですが、いっぱい読めて私はラッキーでした♡。
    連載、お疲れ様でした。


    秋月 楓 2022-05-07 16:18:46

メインメニュー

トップへ