POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

秋月 楓 の作者ニュース

【喫茶】レビュー御礼と『上り框』について

こんばんは。秋月です。
珍しく夜に作者ニュースを書いています。連休中は、どうしてもサイトインし難いので、メール打ってるフリで書いていますww。

さて。
なんと【喫茶】に またまたレビューを頂きました。ありがとうございます!。すぐに反応があると言うのも嬉しいものですね(≧∇≦)。またここに御礼を書かせて頂きます。


*みゅー♪KANA♪様*

またレビューを書いて下さり、ありがとうございます!。凄く嬉しいです(๑>◡<๑)。『上(あ)がり框(かまち)』難しいかったですね。すみません。38ページに《土間と廊下の間に横木を水平に渡して作った段差部である『上(あ)がり框(かまち)』》と説明を増やしました。これなら分かりますか?。
私は、こんな風に言葉足らずで知ったかな言葉を使うので、見知らぬ おじさんに怒鳴られたりするんでしょうねぇ〜……。
また分からない言葉がありましたら、出来るだけ分かり易く書き直すので、お知らせ頂ければ幸いです(^^)。


**


元々、古い言葉を使ってしまう所があった秋月ですが、実際に年を経て、若者と言葉が通じていないのではないかと慄く時があります。先日、息子との会話中に、あまり好みでないものに対して「ゾッとしないなぁ〜…」と返事をしたら、その後の会話が噛み合わなくなりました。よく聞くと息子は「『ゾッとする(怖い)』の否定系だから好きなのかと思った」んだそうです。確かに現在は『ゾッとする』は、ほぼ怖い事に対してしか使いませんね。でも、昔は小説や落語なんかで、『そこに居たのはゾッとする程の良い女!」とか使ってた訳なんですよ。雷に打たれた様にとかゾクゾクとする程にとか毛が逆立つ程に、心から嬉しくなるって感じでしょうか。「お話を書く際に気を付けないと意味が全然、通じなくなるな…」と冷や汗を垂らした一件でした。

それとは別件で、最近、もう一つショックだった事。『入れ子にする』が姉(水無月)に通じなかった…。意味としては、違う種類の物を一緒の入れ物に入れるって感じです。若い子に通じないのは仕方がないけれど、同世代の姉に通じなかったのが とてもショックで…。ただ、私は思い込みが激しい上に何度か引越しているので、方言やら内輪の言葉を通常と思い込んでいる可能性も大きいのです…。自分よがりにならない様に気を付けないとなぁ〜…と気持ちを新たにした出来事でした。

2021-05-01

6

関連小説

完結
六つ子が喫茶店に入ったら?。

メインメニュー

トップへ