POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

水無月 の作者ニュース

新作投下とレビュー御礼

おはようございます。水無月です。

昨日の作者ニュースで触れました通り、本日、【手にキス】のサイドストーリーである【ボスとして兄として】の連載を開始しました。
【手にキス】で班長一松とマフィアカラ松が秘密裏にデートをしている裏で、マフィアボスおそ松がこんなことを思って行動したいたって感じのお話になります。作中の季節が年明けから秋にかけてであり、全くリアルと符号しておりませんが、ご容赦下さい。
小説概要にも書きましたが、(言葉の中だけで描写はありませんが)、東カラとモブカラがほんの少しだけ混じりますので、地雷をお持ちの方はご自衛下さい。

地雷と言えば、昨日完結し、地雷を多く含んだ【家族計画】にレビューを頂きましたので、ここに御礼申し上げます。


我が妹 秋月楓へ

秋月の地雷が含まれる話を最後まで読んで、かつ、忙しい中、レビューまで書いてくれてありがとう。

「後書きが長い」ですよねー、自分でもそう思います。それでも、そのお陰で本文が補完されていると言って貰えて、ホッとしました。
「ふたなり」と「801穴」については言葉の定義を私が曖昧でしたので、調べ直しました。結果、正しくは「男ふたなり」と言う状態のようです。勉強になりました。
「おそカラ」表記…ご察しの通り、予定よりもおそカラ要素が増量した結果ですねー。ご指摘ありがとうございます。一晩熟考して、先程、表題とCPの順番を変えました。おそカラを増量したとき、チラリと「変えた方がいいだろうか?」と思ったけれど、一人では踏み切れなかったので、決断出来て良かったです。

一松の存在が希薄になったのはご想像通りですね。後は、現状に甘んじて、おそ松ほどカラ松に突撃しなかったからかな?

子供達にも触れてくれて嬉しかったです。
ラストは、言われてみれば確かに、映画の松蔵父さんが期待した老後に近いかもw


2ヶ月弱の連載にお付き合い下さりありがとうございました。

新作の【ボスとして】も楽しんでいただけたら幸いです。


2021-09-26

24

関連小説

完結
班マフィ(派生一カラ)の【手にキス】番外編。ボスおそ松サイドになります。

メインメニュー

トップへ