POCKET BL

- 無料で読める二次創作BL小説 -

水無月 の作者ニュース

【赤塚ララバイ】6度目のピックアップ御礼

こんにちは、水無月です!

段々秋らしい季節となってきましたね。と言っても、我が家の周囲ではまだ、日中30℃以上を記録していますがw。
残暑って気温じゃないですよねー。でもまあ、昼間は兎も角、夜は鈴虫が鳴き、エアコンを付けなくても良い過ごし易い気温になってきました。チラチラと紅葉も見られるようになってきましたが、見頃はもう少し先かな。

秋は学校関連のイベントが多く、我が家でも文化祭だ、学園祭だ、体育祭だ、と毎週何かしらの行事が詰まっています。受験生にとっては、推薦や総合型受験が始まり、それどころではないかもしれませんが。カラ松ガールの次女も受験生ですが、なんとか希望大学の指定校推薦をもらえてホッとしています。ホッとし過ぎて受験勉強に身が入らず、お絵描きばっかりしているので、そろそろ喝を入れないとな。

さて、そんなまったりとした秋の日に、おそ松さん派生のロックバンド松を題材にした【赤塚ララバイ】に6度目のピックアップを頂きました。ありがとうございます。
【赤塚ララバイ】は、ロックバンドを生業にしている六つ子兄弟が主役なので、どうしても華やかな芸能界が舞台となるのですが、水無月は昔から、とんと芸能関係に疎くて、今でも、良く書き上げることが出来たものだと思っています。ストーリーのネタが浮かんだ当時、粗筋を大まかに書き出したところで、一度一呼吸おいて、「これはリアルではあり得るのか?」「海外で活躍する日本人はどのくらいいるのか?」「そもそもロックってなんだ?」など一生懸命ネット検索していたのを思い出します。数少ない音楽番組の記憶やコンサートの記憶を思い起こし、彼らの行動を綴ったものです。そういえば、昔、アニソンのコンサートに当たったことがあり、妹の秋月楓と共に武道館に行ったことがあったのですが、あの日、私、発熱してたんですよねー。その為、途中から記憶があいまいなんですよw。良く会場まで行けたな、あの頃の私。昨今のご時世だときっと、受付で門前払いされてたなー。

現在連載中の【夢物語】では、昨今のコロナ感染のお話です。丁度、無料のホテル療養の話が出ていますが、これは、国や県の基準的な仕様になります。宿代や食事代、TV・ビデオ代(アダルトは不可w)は無料でも、タオルやシーツなどの交換はしてくれないそう。小説を書くだけで、勉強になりました。(≧▽≦)

2022-09-15

9

関連小説

完結
おそ松さん派生のロックバンド「赤塚ROCKET」のリーダーOSOと兄弟達が報道陣から隠している事とは

メインメニュー

トップへ